カテゴリ:

反復作用による効果

反復

「あなたの広告を見てもらうには、
7回宣伝しなければならない」

このようなセリフを聞いたことがあるでしょうか?

個人へのセールスについても
似たようなセリフがあるようです。

「契約を取り付けるには、
平均7回は電話をかけなければならない」と。

特に電話に限るわけではないですし、
直接会ったり手紙でもかまわないようです。

また、回数はいくつでもいいようなのですが、
メッセージをスムーズに伝えるには
反復が大事だということのようです。

ある人は、「5回話せば誤解がとける」といってました。
これも反復による効果ということでしょうか。

いずれにしても、数回の説明を聞いただけでは
なかなか理解しにくいことは多々あります。

理解しにくい=相手に伝わっていない

この状態で終わってしまうと、
説明した側は説明したという自己満足で終わり
相手は理解できていないまま、
反応がなく終わってしまいます。

このようにメッセージを繰り返し流すことで
無関心の壁を破ることも不可能ではないようです。

そして、これまで気づいていなかった人たちの
目にも留まるようになるというわけですね。

しかし気をつけなければならないのが
度を過ぎると、逆効果になりうるということ。

メッセージの内容によって、
適切な繰り返しの数があるようなので
あくまでも、参考にしていただくということで
十分にお気をつけください。

コメント


認証コード4963

コメントは管理者の承認後に表示されます。