カテゴリ:

わかっているけど・・・

わかっているけど

集客するためには、先ずは顧客に興味を持ってもらうことが必要ということは誰もがご存知のことです。

しかし興味を持ってもらうためにはどうやればいいのか。どのようにすれば顧客に興味持ってもらえるのか。いろいろと悩むところも多いと思います。

商品やサービスの機能や特徴などの素晴らしいところをアピールしても、その商品やサービスを欲しいと思う顧客は数少ないのです。

たまたま類似した商品やサービスを探していた顧客にヒットすれば、興味を持ってもらえるのでしょうが、ただ闇雲に営業していても、なかなかそのような顧客に会える確率は限りなく小さいわけですから、一攫千金を狙うようなものかもしれません。

では、どのようにすれば効率よく興味ある顧客に出会えることができるのかですが、興味ある顧客の情報を集める必要があります。情報を集めるためには、情報を発信していなければなりません。

情報を発信することで、興味を持つ顧客にめぐり合える可能性が出てきます。今の時代は情報発信の方法は多様化しています。テレビ・ラジオのCMや新聞の折り込みチラシ、雑誌の広告掲載、インターネットではホットペッパーなどの広告掲載、そして自社のHPやSNSの活用など、さまざまです。

これらのネットワークを活用し情報発信することで、興味ある顧客を見つけ出していくわけです。しかし、このようなこともご存じのことです。そんなこと言われなくてもわかってるよと思っていることでしょう。

ですが、これが意外とできていないことが多く、わかっていてもできていないのです。できていないというのは、情報発信はしっかりやってても集客そのものができていないということです。

集客は本当に難しいです。魔法でもない限り顧客を引き寄せることは困難でしょう。しかし、その魔法をいったん手に入れることができれば、次から次に顧客は引き寄せられてきます。その魔法とは何か。それはまたの機会にお話しします。

コメント


認証コード4860

コメントは管理者の承認後に表示されます。