カテゴリ:

商圏の考え方

商圏の考え方

広島で観葉植物を専門に販売している会社があります。

その会社は私のお客様でもあるのですが
そこの社長との会話の中でこんなことをおっしゃってました。

「地元広島のお客様だけではなく、
遠方からもお見えになりますよ」。

「この前も、四国から来られた人もいました」と。

それも意外と遠方からのお客様は多いとのこと。

ネットでの販売をしてたころは
全国からの注文が多く、お客様も県外が多かったらしく
現在もホームページやブログで全国に向けて
常に情報発信は心がけていらっしゃいます。

その為か、インターネットでの検索で
「観葉植物」「広島」のキワードであれば
広告を除くとダントツで上位どころかトップです。

3ヶ月前からYouTubeに動画アップもしていますが
こちらも、早くも上位表示となっています。

広島という地域に温室倉庫を兼ねた五日市店と
宇品にあるアクタス広島店の2店舗ですが
県外からのお客様は絶えません。

スマホを使って探したいものをネットで調べるということは
今では当たり前となっています。

広島に帰郷したり、たまたま出張で来たとか、
友人の見舞いとか、知人の新築祝いや店舗開店祝いなど
さまざまな理由で広島に来ることがあるかと思います。

その時に、観葉植物を買っていこうとか
あるいは、お祝いでちょっと「観葉植物」ということもあるでしょう。

なので、広島というローカルエリアで営業してるから
広島の人だけを対象とするという考えは危険かもしれません。

もちろん、取り扱う商品やサービスによって
商圏が決まってくることはあります。

ですので、あなたが取り扱う商品やサービスの
商圏を今一度見直されるといいでしょう。

特に零細企業の社長に多いですが
「ウチはせいぜい自分の県と隣県ぐらいだから」
という考えがほとんどです。

でも“商圏”って、お客様の都合ではなく、自社の都合で
勝手に決めている『限界』なんです。

だから、「ウチは商圏が限られている」と思っている方でも、
全国向けの商品を用意すると、おもしろいことがおこります。

もちろんそうなると全国的な営業が必要です。
でないと、誰も知らないし気づかないですから。

しかし、営業マンが全国行脚するわけにはいきません。
コストも時間もありませんので。

そうなると、やはりインターネットを上手に活用することが
ベストでしょう。

そしてビジネスの広がりに変化があることに気付きます。

結果として、従来の商圏内の仕事も増えてきます。

あなたも、これまでのローカルビジネスにとらわれず
視野を広げてみてはいかがでしょう。

コメント


認証コード1635

コメントは管理者の承認後に表示されます。